信託と税制との関係

信託財産の表面上の所有者は受託者ですが、受託者は信託財産を預かっているにすぎず、実質的な所有者は受益者であると考えられます。税務でもその考え方がとられています。

 

委託者と受益者が同じ、すなわち委託者が財産を信託して自分が受益者となる場合には財産の移転がないものとして、課税は有りません。

 

委託者と受益者が異なるときは、委託者から受益者に財産の移転があったものとみなされます。

委託者の生前に受益者になった者に対しては贈与税の規定が、委託者の死亡を条件として受益者になった者に対しては相続税の規定が適用されます。

▲このページのトップに戻る