障害者のライフプランニング

障害者の方の中には、生活の世話をご両親など身近な親族にお願いしている場合もあると思います。身近な親族が元気なうちはあまり不安を感じることもないと思いますが、将来的には、ご両親なども高齢になり、又は亡くなり、障害者の方の世話ができなくなることが予想されます。

 

障害者の方自身の将来の生活設計について、生活資金や医療費、施設入所費など経済的な裏付けも含めてしっかりとした計画ができていれば、ご本人の将来に対する不安を少なくすることができますし、また子を想うご両親の不安も少なくすることができると思います。

 

弊事務所では、障害者の方のライフプラン(生涯生活設計)の作成を支援いたします。障害者の方またはご両親などの要望、現在の経済的状況(資産)、今後の計画、リスク要因などを踏まえて、障害者の方の将来に対する不安を少しでも少なくできるよう、ライフプランを提案いたします。是非お気軽にご相談ください。

 

▲このページのトップに戻る