自筆証書遺言の保管制度

法改正により、自筆証書遺言の保管制度が創設され、2020年7月10日に施行されます。

 

(1)保管の手続

自筆証書遺言書の保管は遺言書保管所(法務局)で行う。

必要な形式に沿って作成した遺言書を、封をせず、遺言者自身が遺言書保管所に持参し、保管の申請を行う。

保管の申請がされた遺言書については、遺言書保管官が、遺言書保管所の施設内において原本を保管するとともに、その画像情報等の遺言書に係る情報を管理する。

 

(2)交付・閲覧の手続

遺言者の死亡後、遺言者の相続人又は受遺者等は、遺言書の画像情報等を用いた証明書(遺言者情報証明書)の交付請求及び遺言書原本の閲覧請求をすることができる。

 

(3)検認の手続不要

保管された遺言書については、家庭裁判所における検認の手続が不要で、直ぐに遺言の執行ができる。

 

 

▲このページのトップに戻る