遺産分割前の払戻し

<法改正により2019年7月1日施行>

各相続人は、当面の必要生計費や葬式費用に充てる為、遺産に属する預貯金について、各口座ごとに一定割合(払戻しを求める相続人の法定相続分の3分の1)までの預貯金を、家庭裁判所の許可なしに単独で払戻しを求めることができます。ただし、同一の金融機関に対しては150万円を限度とします。

この場合に、払戻しを受けた預貯金は、当該共同相続人が遺産の一部の分割によりこれを取得したものとみなします。

▲このページのトップに戻る