配偶者保護に係る居住用不動産の扱い

<法改正により2019年7月1日施行>

婚姻期間が20年以上である夫婦の一方配偶者が、他方配偶者に対し、その居住用建物又はその敷地(居住用不動産)を遺言により遺贈又は生前贈与した場合について、持戻し免除の意思表示があったものと推定することになりました。

遺産分割においては、原則として当該居住用不動産の価額は遺産の対象に含めることなく遺産分割の計算をすることができます。

これにより、配偶者により多くの財産を取得させることが可能になりました。

 

▲このページのトップに戻る