入札参加資格審査とは

入札参加資格審査は、国、都道府県、市町村、官公庁などが発注する公共工事の請負業者を入札で選ぶ場合に、建設業者にその入札参加資格があるかどうかを審査する制度です。

公共工事を受注したい建設業者は、入札参加資格審査を受け、名簿に登録されることが必要です。

 

入札参加資格審査を受ける際の必須条件は次の2点です。

1.建設業許可を受けていること   

入札を希望する業種の建設業許可を受けていること。

2.経営事項審査を受けていること 

入札を希望する業種の経営事項審査を申請し、有効期限のある経営事項審査結果通知書があること。 

 

それ以外は、入札を行う国、都道府県、市町村、官公庁などにより条件は異なり、提出書類の様式も様々です。

 

尚、指名競争入札では、入札参加資格申請によりA・B・Cなどにランク付けした業者名簿を作成し、個々の工事の発注前に、その名簿の中から基準を満たしている建設業者を選定し、競争入札 を行います。

A・B・Cなどのランク付の中で建設業者のランク が上になるほど、大規模な工事の入札に参加できることになります。             
              

▲このページのトップに戻る